ご利用者様からの紹介で浮気調査依頼多数

ご予算で浮気調査をご提供する興信所

TMJ投稿レビューを見る!


興信所TMJの浮気・不倫調査

トップ > 調査内容 > 浮気・不倫調査

浮気の不安や悩みを解決します!
浮気調査って?

  

浮気調査の実態と必要性

浮気・不倫とは辞書によれば配偶者や婚約者がありながら、他の異性に気を引かれ、関係を持つ事です。何処からが浮気で何処までなら許せるのかなどで議論をされる場合も有りますが、基本的には、配偶者や婚約者以外の異性との性交渉(不貞)を持つ事を言います。浮気調査・不倫調査とは、配偶者や婚約者が、浮気・不倫をしている証拠を得る為に調査をする事です。例えば、浮気相手とホテルや個室での密会現場の映像(動画・画像等)を納める事です。浮気をしている事実を素直に認める人は少ないですし、また《 慰謝料請求》した場合に、一転して拒否する場合もあります。その様な時に言い逃れの出来ない環境を作る為に浮気現場の証拠が必要となるのです。

  
  

浮気調査・不倫調査グラフ

 

浮気の証拠で離婚の際の慰謝料請求と養育費

慰謝料とは相手の不法行為によって、離婚をやむなくされる事への心の痛み、精神的苦痛を和らげて回復する為に支払われるものであり、精神的苦痛に対する損害賠償請求の事を言います。いつでも相手に請求出来るものでは無く、離婚についてどちらの責任が重いのかが重要になって来ます。パートナーが浮気をしていた場合の離婚時に発生する慰謝料は精神的苦痛を受けた配偶者がこの浮気をしたパートナーに対して求める損害賠償金と、配偶者としての地位を失う事で発生する精神的苦痛に対する損害賠償金になります。配偶者が不貞行為を働いた場合、不貞の相手は苦痛を味わったその相手の配偶者に対して責任を取らなければなりません。被害者は不貞の相手に対して、それが原因で婚姻関係が破綻し、精神的苦痛を味わった事への慰謝料として損害賠償請求が出来ます 。判例では「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意又は、過失がある限り配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせ たかどうか、証明の関係が自然の愛情によって生じたかどうかに関わらず、配偶者の夫、又は妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、配偶者が被った精神面の苦痛を慰謝すべき義務がある」としています。離婚をお考えの場合はこの養育費もしっかり考えて行動を起こしましょう。養育費とは、未成年者の子が社会人として自立するまでに必要となる、全ての費用の事を言います。親は未成年の子を養育し自分と同程度の生活を保障する義務があります。未成年者の子の父母が離婚した場合、父又は、母のいずれかが親権者となりますが、養育費は、どちらに親権があるかに関係なく、双方の経済力に応じて分担しなければなりません。


追跡調査 1時間15,000円 岩手県の探偵事務所

浮気調査を依頼するときに気を付ける事

成功報酬制度や調査員の人数で料金が変動するシステムの調査会社が増えておりますが、成功の定義が曖昧でトラブルになっているようです。調査員の人数で料金が変動するシステムでは気付いたら調査員を増員されていて料金が高額になってしまったなどのトラブルもあるようです。調査会社を探す際に初めに目につく調査会社は広告費に膨大な費用を投じているので必然的に浮気調査費用が高額になります。まずは電話やメールでお見積もりが可能な調査会社からお探し下さい。

興信所TMJは浮気24時間無料相談受付中
興信所TMJへお電話でのご相談はこちら メールでのご相談はこちらから、24時間受付

ページTOPへ